スポ×イズム

#03 内田勝也(ボッチャ)

プロフィール   

佐賀県佐賀市出身。現在、佐賀市役所に勤務している。2013年に市民活動団体の「○○な障がい者の会」を立ち上げ、障がい者への理解の輪を広げるための活動を行っている。
令和2年12月からボッチャを始め、令和3年三重大会に初出場する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、三重大会が中止となり、出場は叶わなかったものの、今後、県内のボッチャ競技の中心選手として活躍が期待される。

ボッチャとは 

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競うスポーツで、パラリンピックの正式競技にもなっている。カーリングのように、相手のボールをはじいたりして、自分が優位に立てるように位置取りをしていくが、的もはじいて移動させることができるため、カーリングとは一味違った戦略や魅力がある。ボールを投げることができない選手は、「ランプ」と呼ばれる投球補助器具を使用することができる。

このページの上部へ

MENU