新着情報

国民体育大会・全国障害者スポーツ大会の開催に向けた緊急要望の実施について

 本県では、「国民体育大会」から「国民スポーツ大会」に変わる、初めての大会となる「SAGA2023(にーまるにーさん)」を開催することに強い思いを持って、準備を進めています。

 このような中、スポーツ庁、公益財団法人日本スポーツ協会等においては、新型コロナウイルスの影響による、国民体育大会・全国障害者スポーツ大会の開催可否やその代替案の検討をされております。

 本県と致しましては、その検討に当たっては、本年度の開催県のみならず、本県の強い思いを含めた、後催県の意見も聴取し、尊重したうえで、結論を導き出していただきたいと考えております。

 このため、国民体育大会(国民スポーツ大会)・全国障害者スポーツ大会の開催予定の4県が共同で、スポーツ庁等の関係機関に緊急の要望活動を下記のとおり行います。

 

1 要望先(対応者)  スポーツ庁 長官 鈴木 大地

           公益財団法人日本スポーツ協会 会長 伊藤 雅俊

           公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 会長 鳥原 光憲

           ※スポーツ庁、日本スポーツ協会及び日本障がい者スポーツ協会にはWeb、文部科学省には文書にて要望。 

 

2 要望内容

 共同要望書については、当日、配布します。また、要望後に、県及び国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会佐賀県準備委員会事務局のホームページに掲載します。  

 

3 日程

 6月11日(木曜日)14時30分~14時50分 日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会

 6月11日(木曜日)16時00分~16時20分  スポーツ庁 

 

4 要望参加県(対応者)  佐賀県 山口知事

             三重県 鈴木知事

             栃木県 福田知事

             滋賀県 西嶋副知事

 

5 報道機関の皆様へ

  要望は、知事会見室にてWebで行います。

  取材については冒頭のみとなります。当日はスタッフの指示に従ってください。

 

【参考】国民体育大会(国民スポーツ大会)開催の決定状況について

 正式決定済み:三重県及び栃木県

 内定済み:佐賀県及び滋賀県

 

< Previous Article     To List     Next Article >
このページの上部へ

MENU